われながら・・・4
0

    JUGEMテーマ:車/バイク

     

     

    さて、今回も例の件。

     

    シートベースのベースを使い、シートベースの製作。

    シートベースは、FRPで製作する事に。と言っても、めんどくさがりの私は、前回のインナーフェンダー製作時のあまりカーボンを使用。

    てけとうなベースのベースを成型。

     

    でもってコレをパテで盛々。最終形に形を整え、スムーズな表面に慣らします。

    それを、FRP製作の雄型として使用する事になります。

     

    でも、今日の所は、まだ盛々の途中。

     

    結局、シートベースの型の手直しは止めて、こちらを成型する際に調整する事にしました。

    この方が、作り直すよりも簡単なんで・・・めんどくさがりの一面がココにも出てしまいましたね。

     

    まぁ、これが完成しても、座面のベースの製作も残ってるし、まだまだ先は長い・・・。

    われながら・・・3
    0

      JUGEMテーマ:車/バイク

       

       

      今回も例の件の作業です。

       

      一番最初の作業でテールライトステーを製作しましたが、どうしても納得行かないので、造り直し。

      ステーではなく、インナーフェンダーへ変更。

       

      ノーマルフェンダーを芯にして、カーボン繊維で成形しウエットカーボン化する事に。金属製のノーマルフェンダーをベースにしているので強度も十分にあります。

      乾燥後、成形して磨きまで行うとこんな感じ。これに穴あけ加工し、車体に取り付け。

      このフェンダーは、両サイドと、前方で固定するノーマルに近い方式にしましたが、もっとガッチリ取り付ける為に、センターにステーも設置。最初に製作したステーは数種類の組み合わせで設置しているので、ゴチャゴチャしすぎたかなと、ずっと気になっていたのでシンプルにする事に。

       

      おそらくテールランプの固定方法はこれで決まりだと思います。

       

      実は、前回造ったシートベースも手直しする事にするつもり、折角造るんだから、納得して造りたい・・・ますます完成が遅れるけどね。

      われながら・・・2
      0

        JUGEMテーマ:車/バイク

         

         

        さて、例の件の続きです。

        今回は、シートベースのベースをスチレンボードで製作。何故わざわざスチレンボードなんか使うのかと言うと、発泡ウレタンでボディーを成型するからです。

         

        発泡ウレタンは、文字通り発泡するので、硬化後成形加工が必要になります。画像は既に、のこぎりで粗削りしてます。

        コレを、ヤスリ等を使い成形して行きます。で、この成形作業の際、ベースも削るので、発泡ウレタンと同様の削りやすいスチレンボードを使用する訳です。これでほぼ荒削りは終了。

         

        成形している内に、現状のシートカウルに似せる方向になってしまいました。

        前にも言いましたが、現状のシートカウルが気に入っているので、結局こう言う事に・・・。実際の所、もっと形状は突き詰めていく予定、あくまで現在の状態で、こんな感じ。

         

        これで形が決まれば、はれてシートカウルの製作に入ります。

         

        ・・・さて、本格的に成形方法を考えねばならんな。

         

        前にも言いましたが、ここで書くと必ず失敗すると言うジンクス。

        ですが今回は、随時紹介してます。

        何故かと言うと、結局これは完成しなければ、バイクに乗れないので、失敗しようがどうしようが、完成させねばならないから・・・と言う訳で続けて行こうかと思っております。

        つぎのにちよう
        0

          JUGEMテーマ:車/バイク

           

           

          今日は、朝から久留米にお出掛け。

          「地場産くるめ」にて行われたイベントに参加して来ました。

          開始直前に到着し開場と同時に入場、無料イベントと言う事も有りか、直ぐに大混雑でした。今回何か目的があったわけでも無く、ただなんとなく観て回りましたが、KIDさんのカスタムW650とHIROさんのカスタムCD125が展示してあり思わぬ収穫でした。さすがにCDもここまで弄ればカッコいいですね。

           

          そもそもCD自体が、ベースとしてカッコいいですからね。

          古いCDなんて超カッコ良い・・・うそぉと疑った貴方、画像検索でCD125と入力して下さい、そこにはスポーツカブ然としたカッコいいバイクが仰山出て来ますから。

           

          こう言うの観ると、すぐ欲しくなる・・・Gooバイクで検索してる自分が怖い。

           

           

           

           

           

           

          われながら
          0

            JUGEMテーマ:車/バイク

             

             

            こう言うの造りました。

             

            何だと思います。

             

            こうやって使います。タイヤとフェンダーの最低高のゲージです。

            今のシートカウルの一番低い所の高さで造ってありますので、これに当たらなければフェンダーとして成り立つ事に。

             

            コレを使い、テールライトステーを製作します。

             

            と言う事で、われながら、仕事が速い・・・と自画自賛。

             

            土日でステーを完成させました。フェンダーレスは色々処理に問題が出そうなので、取り敢えずカーボンのスーパーショートフェンダーにしました。

             

            仕事が速いと言っておきながら、実はここから先が時間が掛かる・・・シートカウルの製作ですからね。

            なのでステー製作までは飛ばしました。

             

            ココから先、数ヶ月掛かるかも・・・。

             

            まぁ、かから無い様に頑張ります。

            くらっしっく
            0

              JUGEMテーマ:車/バイク

               

               

              本日は、ご近所の「蓮華院誕生寺奥之院」にて「玉名盆梅展」が開催されておりました。

              勿論わたくしその手の趣味は御座いません。

               

              が、しかし行って来ました。

              ちなみにここ、世界一の釣鐘「大梵鐘」があるお寺。

               

              さて、何故行ったかと言うと、その「玉名盆梅展」と同時開催されている、こちらが目的。

              普段、車の乗り入れが出来ない境内に沢山の車が見えます。

               

              そう本日ココで「蓮華院誕生寺奥之院クラシックカーフェスティバル2017」が開催されておりました。

              では展示されていた一部の車両を紹介します。

              まず外車から。ロータス・ヨーロッパSPに、ちょい前に話しにだした2002ターボ、それとチンク、定番の500ナンバー。

               

              国産も珍しいのが沢山。

              197台しか生産されなかったケンメリGT-Rなんかも。

              日産つながりで240Z。

               

              ジウジアーロデザインの117クーペ。

              私の友達が、学生時代に後期の角4灯の117に乗ってたのを思い出しました。

              今でもピンきりですが、その頃は、後期角4灯の中古相場は安価でした。スバル360もいっぱい。

              綺麗なヨタハチも2台ありました。ですが今回で私が最もレアだと思った一台。

              勿論本物を見たのも初めてでした。

               

              それがコレ。マツダ・コスモスポーツ。

              今見ると、確かにデザインもクラッシックカーですが、当時この斬新なスタイルを生産したマツダってすげぇな。

               

              さて、この会場のお寺は、山頂にあります。

              なのでスポーツでお出掛け。

              イベント2つが同時開催なので、案の定、車を止めるスペースなんてない位の大混雑。

              バイクでいってよかったぁ。

               

              そのスポーツですが、帰宅後少し例の作業の一部を進めました、他にも色々やろうと思っているのでそれの準備も。

              モタ車の方も復活してるので、そろそろ本格的に弄り始める事になると思います。

               

              さぁやるぞぉ・・・と気持ちは前のめりですが、寒いので身体が着いて来ませんけどね。

              けつろん・・・?
              0

                JUGEMテーマ:車/バイク

                 

                 

                前回、2月の車検を見送ろうかと思案中と言いましたが、言葉通り見送る事に。

                理由の一つは勿論「先立つ物」、もう一つはココの改良を時間を掛けて行う事に決めた為です。

                ここって何処?ですよね。

                ずばり急遽行ったナンバー対策に他なりません。

                 

                この取って付けた感が半端無い取り付け方法・・・でもこれこのシートカウルが凄く気に入っており、どうしても残したいが為の苦肉の策の行き着いた形です。

                 

                でも今回本気できちんとした形にしようと、この機会を利用する事にしました。

                つまりシートカウルを造り直してみようと・・・ですが勿論個人のDIYで(ここ重要です)。

                で、最初にテールランプを決め、それの取り付け方法を考え、それに見合うシートカウルを製作すると言う手順で行こうかと思います。

                最終的にシートも自作予定ですが、もしかしたらシート表皮のみプロにお願いするかも知れません・・・これで見た目のクオリティが代わるのは間違いないので。

                 

                と言う事で、テールランプは先週に「密林」に注文した物が到着済み。

                イージーライダースの「イーブルスキャロップ」をチョイス・・・デザインがどんピシャ好み。がしかし質感が好みでない、この鋳物肌が良いと言う人も居るかとは思いますが、わたしのスポーツには浮くだろうと軽いポリッシュを施しました。サンダーとペーパーで目潰し、耐水の#600位まで本当に軽くです。

                あまりピカピカも好かんので・・・我侭でスミマセン。

                 

                この後、これまた軽くコンパウンドでポリッシュ。軽く鋳物肌が残った、鈍い輝き。

                この位がベスト。

                断じて磨くのがメンドクサイ訳ではありません・・・よ。

                 

                ここで頭の中で取り付け方法を考えた物をスケッチに興してみました。

                フェンダーを新たに取り付けそこにテールランプを取り付け、それに合わせてシートカウルを製作するパターン。もう一案は、今まで同様フェンダーレスでステーを製作してテールを取り付けシートカウルを製作する方法。

                取り敢えずどちらも出来る様に並行して進めてみる心算です。

                個人的には、前者は英国のカフェレーサーっぽ過ぎやしないかと思っており、後者の方がスポーツっぽいかなと思っております。

                 

                この両者共通なのは、シートカウル自体はクイックファスナーで容易に取り外しが可能な事。

                なのでテールランプをシートカウルにマウントする事は出来ません。

                 

                何故かと言うと、ETC等の取り付け位置がシート下なので、これは必須・・・おかげでデザインがムズい。

                 

                この件は、不定期?一度に纏めて?・・・まぁ、おいおい紹介していきます。

                しゃけん
                0

                  JUGEMテーマ:車/バイク

                   

                   

                  今日は生憎の雨でしたが、昨日は凄く良い天気。

                  いつも山ばかりなので、ちょっと海まで。

                  雲ひとつない晴天。

                  さらに気温も高く暖かい、こんな1月の晴天なんて珍しいですね。

                  その空とバイクをフレームに収めたくて変なアングル・・・建物とか入れたくなかったんです。それでも微妙に入ってるかぁ・・・?

                   

                  来月末は車検だし、タイヤとか諸々思案中・・・さらに先月の急な出費(車の購入の事です)もあり、車検を5月まで待とうかと検討中。

                  そうすればモタ車も十分に乗ってやれるし一石二鳥と自身に言い聞かせてみる・・・。

                   

                  本日、CSにてマン島TTの再放送を観ながら、BMW速いな・・・欲しい。

                  等と色々な事を妄想しながら考えている日曜の夜。

                  でぃ、でぃぜる・・・?
                  0

                    JUGEMテーマ:車/バイク

                     

                     

                    今日は、若い世代ならともかく、おじさん世代では、誤解しかねない話題を・・・現に私も最初耳を疑いました。

                     

                    まずは、画像から。このドゥカのディアベルの亜種。

                    溶接痕やリベットを打ちっ放しにしたステンレスに手で塗装したパネルを各部に配置し、シートも本革製。

                    そしてモデル名が「Ducati Diavel Diesel 」と表記されていました。

                     

                    このスチームパンクっぽいデザインとあいまって、一瞬ディーゼルエンジン搭載のドゥカがキタぁ、と思ったじゃないですか・・・そうもうお気づきでしょう、あのファッションブランドのディーゼルとのコラボバイクです。

                    ブランドを知らない人なら、間違いなくディーゼルエンジン搭載バイクと思いますよねぇ・・・と言うかスペルまで同じDieselですから。

                    もっと分かりやすく誤解を招かない名前を付けましょうよ・・・まじで1月にして今年最大のビックニュースかと思いましたよ、ディーゼルバイクなんてネェ。

                     

                    省エネが叫ばれる昨今、本当に近い将来、ディーゼルバイク来るかも・・・個人的には電動より低燃費の内燃機関積んだバイクがいいなぁ、鼓動感や音が無いのは寂しいですからネェ。

                    まっ、まさか・・・
                    0

                      JUGEMテーマ:車/バイク

                       

                       

                      タイトルに有るように、まさかの出来事が・・・。

                       

                      なんとモタ車のバッテリーが上がりました・・・SHORAIバッテリー。

                      3週間放置でしたが、今日も元気良くセルは廻りました。

                      が、K社キャブエンジンの掛かりの悪さは・・・チョークを引いてセルを廻す。

                      初爆が微かに有ったものの掛かるに至らず、無駄それを繰り返しバッテリーを使ってしまいました。

                      でもスポーツだともっと廻すときも有るんですけどね・・・。

                      現に先週雨で乗れなかったんで、今日も掛かるまで・・・コールドスタートでチョークを引いて、10秒ほどのクランキングを4〜5回程で掛かりました。

                       

                      スポーツはもう4年目のSHORAIバッテリーその間一切不具合なし。

                      オフィシャルに最近のバイクはキーオフでも色々電力消費しているので上がり易いと書いてあるが・・・確かにスポーツにキーオフで電力を消費する装備は無い・・・かな。

                      でもモタ車もキャブだし・・・まぁ、確かにキャブ車でもスポーツみたいな只の機械式キャブ(私のは排気規制の無い時代のキャブ)と、なにやらキャブに小賢しい装置が付いているモデルでは待機電力消費に差があるのかもしれん。

                       

                      と言う事で、容量の小さいリチュームバッテリーを電装装備満タンのFI車で使う人は、より注意が必要かもねぇ。

                       

                      ここで持論、リチュームバッテリーは旧車の方が恩恵が多いと見た・・・多分。

                      持論だから、責任は持たんよぉ、信じるか信じないかはあなた次第・・・。

                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      SPONSORED LINKS
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      blogランキング            よろしければ、1日1回「投票」ボタンのクリックお願い致します。
                      カッ、カウンター…!?
                      オススメ!!
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.